元付・客付  不動産業界の事情

「○○地区のあたりに売中古住宅ありませんか?」とお客様から売り物件を求められることがあります。

仲介業者は「元付」側と「客付」側とに分かれる場合が多くあります。
「元付」は売主さんから売却を依頼される場合。
「客付」は買主さんから購入を依頼される場合。

不動産はどちらかと言うと売手市場なので、「元付」側に付くのが望ましい形です。
「元付」になるとお店に商品(物件)がある・ということになります。
そのお店に買いにくる不動産業者は「客付」側になるのです。
不動産業者以外の普通のお客さんが来る場合、そのお店は「元付」「客付」の両方になり、手数料が倍になるのです。

冒頭の「ありませんか」とお客さんに依頼された場合、私は、ほかの不動産業者さんのお店に行って「客付」側となって「ありませんか」と尋ねます。
良心的な不動産業者は、物件を紹介してくれます。

「元付」側はお客さんに直接来てほしいのですが、業法上紹介しなければならないので、手数料が半分になっても「客付」業者に紹介してくれる・・はず。。
「はず」と述べたのは、それがなかなか難しいからです。

意地悪な不動産業者は在庫はあるのに、「ない」もしくは「もう買い手がついている」と言って、客付業者には紹介してくれないことが多々あるのです。
それが証拠に、私に依頼したお客さまが、その「元付業者」に直接問い合わせると「あります!」と答えることが多々あるのです。
客付業者の私が聴いたら「ない」。お客さんが聴いたら「ある」。
(これはほんとは違反です)

それは売主さんからも買主さんからも手数料を頂けるからです。

そのように、不動産業界というのは、商品(物件)を持ち、「元付」側になるものが、強いことになります。

さて
最近、物件を探していて「あれ?」という物件をネット市場で見つけました。
私が昨年ある会社Aに売った中古物件です。
そのA会社は不動産業の免許は持っていませんが、ある不動産業者Bに依頼し「売物件」で出していたのです。

その物件は、地盤が悪い土地に基礎杭を打たないで建てた家ですから、あちこち傾き、家自体がゆがんでいたのです。
それで私は「この家は使い物になりませんよ」と言って、土地価格のみで売った物件でした。

てっきりA社は家を取り壊し更地にするか、もしくは自家用に使うのかと思っていました。
ところが、その家をリフォームして転売しようとしているのです。
それも買った3倍の価格で!
なんと悪質なのでしょう。。
仲介の依頼を受けた不動産業者Bはそれを知らないのでしょうか・・

私は「元付」側になることが多いので、ぞっとします。
転売される物件は気をつけなければいけません。
自分が元付側になる場合、神経をつかいます。
どこか欠陥はないか、あった場合はそれを買主さんに知る限りを全て伝えます。
中古ですから何かしらの欠陥はあります。
それで適正な価格で売却します。

今回の売主A社の物件は家本体の構造に関わる問題です。
それを隠してるとしか思えない価格をつけています。
不動産業者Bはその重大な欠陥を知らないのかもしれません。

どうか、あの物件は買わないでください。。と大声で言いたい。

って言っても公表できないのが残念です。
ほんとは基礎を打ち直しているかも・・
真実はわからないのです。



Fudousan Plugin Ver.1.4.5